「書類整理」を効果的に行っていくための方法や、便利グッズの紹介をするサイト

>

整理術の補足と、役立つグッズ

書類整理の実例の補足

書類整理をする時に問題になってくるのが、先にも挙げた「インデックス」つまり分類をどのくらいにすればよいのか、という点です。
例えば「事務関係」という分類だと、いったいどこまでのことを指しているのかわからなくなってしまいますが、これを「経理(支払い分)」や「事務(会議資料)」などのようにタイトル付けしていくと探す際の手間が省けます。
ただし、これ以上分類を細かくする場合は「経理支払い分令和元年1月分」などのように、大分類、中分類、小分類までに留めておきましょう。
それ以上細かくインデックスを分けていくと、それを考えていくことも、そしてそれに応じて書類を分類していくことも大変になっていってしまうからです。

書類整理のお役立ちグッズの紹介

書類整理を実現するためには、オフィスの机周り自体が整理整頓されていることも重要です。
そこでこの項では、オフィスを整理するのに役立つグッズを何点か紹介していきます。
「キングジム収納ポケット」は、机の引き出しに取り付けるタイプの収納ポケットで、スマートフォンやメモ帳、文房具などを収納できるため、机の上が小物たちで雑然とすることを防いでくれます。
また「電子吸着ボード」というものもあり、これは、静電気の力で紙を吸着するボードなのですが、名刺や付箋を貼り付けておけるため、これも机周りの整理整頓に役立ちます。
静電気はビリッとこない程度の非常に微弱なものなので安心です。
また「デスクトップモニタースタンド」は、スタンドの上にPCモニターを設置し、その周囲に小物整理スペースが用意されているタイプのスタンドで、スタンドの下にはキーボードを収納するスペースもあり、これもパソコン周りの収納を効率的にしてくれます。


この記事をシェアする